公務員・正社員が職場電話なしでお金借りる方法と注意点

公務員・正社員が職場電話なしでお金借りる方法と注意点

副業が禁止されている公務員や大きい企業の正社員でも工夫すれば誰にもバレないで内緒で消費者金融からお金借りることが出来ます。WEB完結申込みは少額の借り入れであれば、職場電話なし、会社電話なしで借り入れできるので、この仕組を活用すると良いでしょう。

 

収入証明書を提出しないで借り入れ

年収が十分にあっても、その年収の3分の1までの借り入れをする総量規制を頼らなくても借り入れすることができます。審査に通れれば借り入れはできるので、収入証明書の提出が必要ない50万円未満の借り入れだけで済ませるようにすれば金利や返済の負担は最小限にできます。借り入れる金額が低ければ当然バレる可能性も低くなり、いざという時にも借り入れ審査に通過しやすいです。

 

年間300万円以上の収入がある方は総量規制にしたがって判断すれば100万円くらいまでは借り入れできることになりますが、無理に利用限度額を大きくせずに20万円や30万円までの借り入れにすると出費はかなり抑えられます。WEB完結申込みを利用できれば、即日、口座振込で、かつ、職場電話なし、会社電話なしで、運転免許証だけで借り入れできてしまうので、こうしたサービスを賢く活用しましょう。

 

WEB完結申し込みでお金借りる方法

 

WEB完結型の申し込みは、スマートフォン、iPhone、パソコンからインターネット経由で申し込み、借り入れ、返済をすべて済ませられるというサービスです。口座振替での返済、口座振込での借り入れ、スマートフォンのカメラ機能で免許証を撮影して提出し、情報の入力も個人でできます。利用限度額の希望金額も50万円未満であれば所得証明書や確定申告書などの収入証明書を提出しないでもよくなるのでよりスピーディーかつ便利に借り入れができます。

 

インターネット上からの申し込みになるので操作の慣れやタイプミス、タップミスには注意が必要ですが、きちんと申告できればカードレスで、家族にも会社にもバレないでお金借りる方法になります。もちろん、ローンカードが発行されるサービスもありますが、受取日時を指定できるものや受取人を本人だけにするサービスもあるので家族と同居していても安心して利用できます。最低限スマートフォンと運転免許証があれば利用できるので、いざという時には活用してみましょう。

 

公務員が借金する時の注意

公務員でもローンを組むことはできますが、消費者金融のキャッシングを利用する時には他人にバレないようにする注意が必要です。公務員は個人事業主や会社員に比べると給与をアップさせるのが難しいため、無理な借り入れをしてしまうと収入の変化がないぶん、返済の負担が長期間のしかかってきてしまいます。収入が安定しているのは公務員の魅力ですが、個人の努力で収入を高められないので借金の返済をする時に、副業が必要になることもあります。

 

そうなるとパートナーのパートやアルバイトが必須になったり、こっそりとバレないように副業をして返済費用を確保しないといけなくなることもあるので、それぞれの身の丈に合わない借り入れは避けて安全に借り入れできるようにしましょう。住宅ローンや自動車ローンなど世間の多くが利用する借金はまだ安全に利用できますが、個人の趣味や旅行の出費がある時にキャッシングに頼る場合は、十分な計画性が必要です。

 

電話確認なしの借り入れの注意点

 

消費者金融のサービスが電話確認なしで利用できるのは非常に魅力的ですが、きちんと返済を済ませていないと急に一括返済に切り替えられたり、保証会社からの取り立てに切り替わったりしてしまいます。借り入れるのが簡単なぶん、保証会社が出てくるのが早かったり、遅延に対して厳しかったりするので、返済が長期化する時には特に注意が必要です。

 

無理な借り入れをしていると返済忘れや返済のお金が不足して苦労することになるので、WEB完結申込みにあるような電話確認なしのサービスを利用する時は返済管理を特にきちんとしましょう。

 

まとめ

公務員や正社員も消費者金融からお金借りる方法はありますが、返済を滞らせてしまったり、延滞が起きてしまったりするのは大きなリスクになります。家族や会社にバレないようにお金借りるのも大切で、WEB完結申込みを活用して、できるだけ安全に借り入れできるようにしましょう。

 

>>職場電話なしでお金借りるおすすめサービスはこちらから<<