フリーター・アルバイターが職場電話なしでお金借りる方法

アルバイトをしている方でも安定して収入が得られていれば消費者金融からお金借りることができます。毎月の給与明細書があれば収入証明書のかわりとして提出することもできるので、フリーターやアルバイターも消費者金融の利用を諦めずに挑戦してみましょう。

 

アルバイトがお金借りる方法と注意点

消費者金融の借り入れは、安定した収入があれば会社の正社員でもアルバイターでもフリーターでも審査に通過できます。お金借りる時はWEB完結申し込みをするのが一番良く、家族や会社にもバレないで、即日お金借りることもできるので、このWEB完結申し込みを利用するのがおすすめです。

 

WEB完結申し込みでは、運転免許証があれば50万円未満の借り入れが収入証明書無しででき、職場電話なし、会社電話なしで借り入れできるので、恥ずかしい思いをせずに、内緒で借り入れすることができます。一人暮らしをしているアルバイト、フリーターの方であればローンカードが郵送されてきてもそこまで困ることはないですが、パートナーや友達、家族にバレてしまうと信頼を失う可能性があります。従来のお金借りる方法ならば、ローン契約機に行って書類をスキャンして提出する必要がありましたが、WEB完結申し込みならば、自宅にいながら誰にもバレずに内緒で借り入れすることができます。

 

借入限度額に注意しよう

フリーターやアルバイターの収入は正社員や公務員に比べると決して大きくはないため、借入限度額はたいてい50万円未満に設定される事が多いです。50万円未満の借り入れをする場合は給与明細書などの収入証明書の提出が必要ないため、WEB完結申込みもよりスムーズにできるというメリットがあります。職場電話なし、会社電話なしで審査を通過できるので、バイト先や勤務先におかしな電話がかけられてしまって大変な思いをすることもありません。

 

フリーターやアルバイターの場合は借入限度額が20万円から30万円ほどに設定されることが多いため、それを前提にして利用限度額の希望額を申告すると良いでしょう。無理な希望額を申告するのは審査にあまり良い影響はないので、消費者金融に適用される賃金業法、総量規制の年収の3分の1までしか借り入れできないということを考えてWEB完結申込みをしましょう。

 

フリーターがお金借りる方法

アルバイトやパートなどで生計を立てている人をフリーターといい、アルバイトをいくつか掛け持ちしている場合は、月収が15万円や20万円に達することも多いです。そのため、フリーターでもお金借りる方法としてWEB完結申込みを生かせば総量規制年収の3分の1の範囲内で借り入れできるようにすれば審査にもスムーズに通過できます。

 

塾講師や病院関係のアルバイトなど時給の良い仕事を選んでいれば、年収も大きくできるのでアルバイトを選ぶときにもそのスキル、時給をよく考えておくと急な出費の時に消費者金融を頼って困難を乗り切りやすくなります。フリーターでもアルバイターでも一定の安定収入があれば審査に通過できるので、賢く消費者金融を活用しましょう。

 

職場電話なし・電話確認なしで借り入れできる

消費者金融のWEB完結申込みを利用すれば、会社や勤務先への会社電話なしで審査に通過できます。職場電話なしに近いレベルで会社に知られることもなく、家族にバレることもなく借り入れができます。

 

WEB完結申込みの場合は、消費者金融のサービスによっては完全にローンカードレスで借り入れでき、返済も口座振替での支払いになるため、個人口座を使用している限りは家族でさえバレる要素がほとんどありません。職場電話なし、会社電話なしで借り入れできれば、誰にも内緒でお金借りることができるので、フリーターやアルバイターで家族と同居している方は特に工夫してお金借りるようにしましょう。

 

まとめ

アルバイターやフリーターでも50万円未満の利用限度額を希望し、安定した収入があれば審査に通過することがあります。もちろん、WEB完結型申し込みであっても審査はきちんと行われるので必要書類を整えて申し込みましょう。借り入れできる金額はそこまで多くはなりませんが、お金借りるのは不可能ではないので賢く消費者金融のサービスを利用しましょう。

 

>>職場電話なしでお金借りるおすすめサービスはこちらから<<