無職・失業中に職場電話なしでお金借りる方法

無職・失業中に職場電話なしでお金借りる方法

一定の条件が満たせれば一時的な無職、失業中でも会社電話なし、職場電話なしでお金借りることができます。安定した収入がなければ借り入れはできないので、失業中に無理に借り入れするのは良くないですが、きちんと返済の目処を立ててお金借りるようにしましょう。

 

無職でお金借りることができる場合

消費者金融や銀行からお金借りるためには、安定した収入があることが条件になります。そのため、従来の在籍確認の会社電話があるシステムでは、無職になっているとお金借りることはできませんでした。しかし、WEB完結申込みのように運転免許証を提出するだけで、収入証明書なしで審査に通過できます。

 

例えば、1年間のうち9カ月間は仕事をしていてその後無職になって、すぐにWEB完結申込みをすれば実質年収を申告することはでき、収入証明書を求められた場合でも直近2カ月の給与明細書を提出できるので、お金借りることは可能です。あまり良いことではなく、すぐにでも返済の目処をたてるために仕事に就く必要がありますが、保険などを活用すれば少額は支援が出るのでそこからなんとか返済をしていくことは可能です。一時的な無職、失業中でも借り入れ自体は出来てしまうのが現状です。

 

確実に完済できることを確かめて利用しよう

無職、失業中にお金借りるのは本来早めるべきですが、どうしても必要な時には賢く借り入れをして、困難なときを乗り切る必要があります。返済シミュレーション、返済計画をしっかり立てて、できるだけ早めに返済しきれるようにするのも大切です。あまり大金を借り入れてしまうのは返済リスクが高まって危険なので、10万円から20万円程度までの借り入れにするのが安全です。

 

また、借金の用途についても基本的には使途自由ですが、ギャンブルや投資にお金を使うことは禁止されているので、使い方にも注意しましょう。必要ないお金を借り入れてしまうと、その分金利がガッツリとかかってしまうので、金利がかからずに済む無利息期間なども活用して早めの完済をするのが一番賢いお金借りる方法です。職場電話なし、会社電話なしでお金借りることが出来ても、返済できる能力がなければ危険な借り入れになるので無理な借金にならないようにしましょう。

 

失業中の借り入れは避けるべき

一時的な失業中の、それぞれの事情によってはお金借りることはしないほうが良いこともあります。転職先が決定している時、一時的に休職しているだけの場合はお金借りるのもなんとかでき、返済能力もある程度あると考えられますが、完全に失業中、仕事がまだ決まっていない場合は、お金借りると返済する方法がなくなってしまい、生活に負担を強いることになります。

 

返済が遅れれば、それだけで信用情報に傷ついてしまって、かなりのリスクを追うことになるため、無理な借り入れは避けましょう。特に、失業中の高額な借り入れ、返済に数年かかるような借り入れはしないほうがよいです。休業中、転職先への保留期間などに借り入れをするのであれば安全にお金借りる方法として消費者金融のWEB完結申込みを活用しましょう。

 

本当に職場電話なしで借りられるの?

消費者金融のWEB完結申込みを利用すればひとまずは職場電話なしで借り入れすることができますが、完全に確認がないわけではありません。人によっては50万円未満の利用限度額を希望していても収入証明書の提出を求められることがあります。

 

また、審査に通過できない場合は、会社電話なしで借り入れできるとは限らず、会社電話あり、在籍確認ありのサービスを利用しないといけないこともあります。WEB完結申込みを済ませるための口座の条件や信用情報なども事前に用意しておく必要があるので、100%職場電話なしで借り入れできるとは思わず、慎重に借入申込をしていきましょう。

 

まとめ

失業中であっても、すぐに就職、転職できるのであればお金借りることも可能です。独立開業するような場合も収益化されているのであればきちんと一定の金額までであれば借り入れできるので消費者金融のサービスを賢く活用しましょう。無理に借り入れせず、返済シミュレーションや計画的な返済ができるようにしてから借り入れるのが一番です。

 

>>職場電話なしでお金借りるおすすめサービスはこちらから<<